不自然なシリコンバッグとお別れを!

いつもスタッフブログをご覧頂きまして

ありがとうございます

THE CLINIC名古屋院の栗岡でございます

 

皆様、今年のバレンタインはいかがでしたでしょうか

ゲストさまより逆バレンタインチョコを頂いてしまいました

S様、本当にありがとうございました

ドクター・スタッフ全員で美味しく頂きました

 

本日は、シリコンバッグの取り出しについてご紹介させて頂きます

最近のシリコンバッグは種類も増え、丈夫なものが増えてきました

しかし、バッグは丈夫でも胸に異常が出てくることは少なくありません。

不自然な形にお悩みの方、いらっしゃいませんか?

今回ご紹介させて頂くゲスト様も、バッグ自体に破損はないものの不自然な形に悩まれ

当院にカウンセリングにお越し頂きました

 

まずは手術前のお胸をご覧くださいませ

明らかな左右差と形に違和感がありますね

自然なバストラインではないことが一目瞭然です

この不自然な盛り上がりは、

①大きなシリコンバッグが入っていること

②カプセル拘縮が起きていること

が主な原因と考えられます

 

バッグの形は自由自在に変えられるわけではありません。

年齢と共にボリュームが減ったり、下垂した胸にもそのままバッグはその位置に留まるので、

10年20年経つと不自然さが目立つようになってしまいます。

 

カプセルとはバッグを入れた直後から作られるもので、

バッグを異物と認識し、ご自身の組織が体を守ろうとして作られる被膜のことです。

長期間に渡りバッグが入っていたり、体の拒否反応が強く出ると、

カプセル拘縮が起こり、被膜が厚くなりバッグをぎゅーっと押しつぶします。

そのためにいびつな形に変形したり、痛みを伴うようになってしまいます。

 

※なぜトラブルが起きやすいかはホームページのコラムにも

掲載されておりますのでぜひお読みくださいませ

 

こちらが片胸のバッグを取り出した直後の写真でございます

少しお胸が窪んでしまっているのが分かりますでしょうか?

シリコンバッグが圧迫することで肋骨も変形してしまいます。

バッグを取り出すだけでは、元のお胸に戻るどころか、

伸びてしまった皮膚がたるみ、寂しいお胸になってしまいます

 

その為、当院ではバッグを取り出すのと同時にコンデンスリッチ豊胸をお勧めしております。

こちらの写真をご覧くださいませ

シリコンバッグの取り出し+コンデンスリッチ豊胸術から1ヵ月後でございます

 

窪んでしまったお胸からは想像できないほどボリュームが付き、

とても自然で綺麗なお胸になりました

横からみてもとても綺麗になりました

 

綺麗になっただけでなく、脂肪による豊胸はがん検診も受けて頂くことが可能です

(当院では脂肪がしこりにならずしっかりと定着したことをエコーで確認してから検査を受けて頂くようご案内しております)

 

若い頃に勢いでバッグを入れてしまい後悔されている方、

バッグを入れてからずっと違和感に悩まれている方、

周りにばれていないか常に不安で温泉等に行けない方、

ぜひ一度当院にお越しくださいませ

ドクター、スタッフ全員でサポートさせて頂ければと思います